パチンコは日本で数少ない合法賭博の1つである。このゲームは、多くのパチンコ玉を使って遊ぶ、垂直ピンボールゲームと言うのが、最も適切な説明であろうか。 パチンコは、他のほとんどの賭けゲームとは異なり、直接の現金のやり取りは無い。これが、パチンコが日本で違法ではない主たる理由である。代わりに、法律に触れることがないように、ゲームの開発者は、パチンコの報償を現金ではなくパチンコ玉とした。パチンコ玉はパチンコ店の外でお金と交換されるため、既存の賭博禁止法に触れない。

歴史

パチンコは当初、1920年代に西洋のコリント・バガテルと日本のビリヤードという2つの人気ゲームを組み合わせた、子供のゲームとして開発された。しかし、最初の頃のパチンコ台はほとんどが機械式であり、電気は小さなメーターやフラッシュライトの電源として使われているだけだった。パチンコ玉はフリッパーで弾くのであるが、速度はフリッパーをどこまで引き下げるかによって調整された。操作とメンテナンスを容易にするために、今ではパチンコ台の電子化が進んでいる。

遊び方

まずお金をパチンコ台に入れると、パチンコ台から金属のパチンコ玉が出てくる。出てくるパチンコ玉の数は、挿入したお金に見合うようになっている。次に、パチンコ玉はピンボールのようなゲーム空間に弾かれ、最後に一番下の穴に集まって落ちるまで、あちこち跳ね返る。ゲームの次のステージに進むには、パチンコ玉が真ん中の穴に落ちる必要がある。パチンコ玉が真ん中の穴に落ちると、3つ以上の異なる図柄が一緒に回転するジャックポットが回り始める。3つすべてに同じ図柄が表示されると、その人はジャックポットを獲得する。ゲームの勝ちに対応する沢山のパチンコ玉は、パチンコ台から回収し、床に置くトレイに集める。パチンコ玉は、パチンコ店の外で現金と交換される。

遊び方

遊技の価値と収益

ウィリアム・ノーマン・トンプソンは、自身の著書「ギャンブル・イン・アメリカ」の中で、日本は米国の半分の規模であるにもかかわらず、日本のギャンブルからの収益は米国に等しいと指摘している。日本では娯楽と言われる時間のほぼ半分がパチンコに費やされる。2008年から2016年にかけて、パチンコ市場では、総額21兆8,400億円を売上げている。これを全体的に見ると、日本国全体のGDPのほぼ4%を上回る。

結論

日本経済に占める割合を見れば、パチンコは依然として日本で非常に人気があり、大きな利益を上げているとも言える。「ウルヴァリン」や「ロスト・イン・トランスレーション」などの人気映画や、銀魂などの人気アニメで、日本国民の娯楽活動としてパチンコを紹介している。しかし、日本では他のギャンブルが依然として違法であるため、それがパチンコの人気を支えている理由の一つであることは間違いが無い。おそらく政府が賭けを合法化すれば、他のギャンブルも一般化するであろう。しかし現在は、パチンコがギャンブルで、日本で一番の賭け事と言える。